サイバーセキュリティ保険

あいおいニッセイ同和損保

(株)ファーストプレイス資料請求専用ダイヤル 0120-115-910

メニュー

保険料例

お支払いする保険⾦の計算例

CASE1 情報漏えい(甲社が被保険者)

契約条件:
賠償責任(基本契約)支払限度額1億円(免責⾦額0円)
     プロテクト費⽤支払限度額5,000万円(免責⾦額0円)

サイバー攻撃により、甲社管理の個⼈情報データベースから顧客情報5万件分が社外流出したことが判明。
謝罪広告を掲載し、外部コンサルタントのアドバイスを受け⼊れ、被害者5万⼈に謝罪⽂と⾒舞⾦500円を支払った。
後日、被害者5,000⼈から損害賠償請求がなされ、和解⾦として5,000万円を支払った。
また、甲社ではネットワークセキュリティの強化など再発防止対策に、500万円の費⽤を支出した。

【甲社が負担した費⽤】
・損害賠償⾦:5,000万円
・謝罪文郵送費:5,500万円
・謝罪広告費⽤:5,600万円
・⾒舞⾦:52,500万円
・コンサルティング費⽤:5,300万円
・再発防止対策費⽤:5,500万円

CASE2 阻害・消失(A社が被保険者)

契約条件:
賠償責任(基本契約)支払限度額2億円(免責⾦額0円)
    プロテクト費⽤支払限度額1億円(免責⾦額0円)

サイバー攻撃により、A社が運営する代理店ネットワークが1週間停止した。
これを利⽤する代理店100社がその間営業ができなくなったとして、
1社あたり平均100万円の逸失利益について、損害賠償請求訴訟が提起された。
また、A社ではデータの復旧費⽤について1,000万円の費⽤を支出した。

【A社が負担した費⽤】
・損害賠償⾦:1億円
・争訟費⽤:1,000万円
・復旧費⽤:1,000万円

ページトップ